ダイエット中のおやつはコレ!ガウビケスでなら続けられる理由

ダイエット中のおやつはコレ!

ダイエット中のおやつはもはや常識になりつつあります。

その大きな理由の一つがダイエットを無理なく続けることです。

様々なダイエット法がありますが、食事制限はほとんどのダイエットで必須になっています。

つまり、ほとんどのダイエットで抱える大きなストレスのひとつに空腹感があるという事です。

そこで必要なのが空腹感を満たすことのできるおやつなんです

その条件を満たすために開発されたのが、

ダイエットスナックのGowvikes-ガウビケス-です。


Gowvikes-ガウビケス-を置き換えに使う

1日1食(昼食か夕食)の食事を2袋のGowvikes-ガウビケス-に置き換えるダイエットです。

置き換えダイエットをしていて、スムージーやプロテインじゃ物足りない。

そんな方にお薦めです。

昼食か夕食どちらかの食事の代わりに、1日2袋を目安に食べてみてください。

スムージーやスープ春雨など他の置き換えダイエットとは違い、ガツンと濃厚な旨みが高い満足感を与えてくれるはずです。

また2袋別々のフレーバーを食べれば、1食で2つの味を味わうことができます。

Gowvikes-ガウビケス-を食事前に食べる

食事量が多い2食の食事前にGowvikes-ガウビケス-1袋ずつ食べることで、

その後の食事選択でよりヘルシーな食事、より少ない量の食事を選択し易くするダイエット法です。

空腹状態で何を食べるか選択すると、どうしても糖質、カロリーの高い食事に目がいってしまいます。

それを防止する事が目的です。

低GI値原料を使用しながら、ガツンと濃厚な味で満足感の高いガウビケスだからこそ、食事前に食欲に対する一定の満足感を与えてくれると思います。

あとはその満足感を得た状態のまま、その後の食事を選択するようにし、全体の食事量を目標とする食事量まで毎日少しずつ減らしていくだけです。

Gowvikes-ガウビケス-をおやつとして

ダイエット中も我慢しなくていい間食としてGowvikes-ガウビケス-を食べます

通常のスナック菓子やチョコレートの殆どはじゃがいも、小麦粉、砂糖といった高GI値食材が主原料として使用されていますが、

ガウビケスはスーパーフードのキヌア、小豆の低GI値食材が主原料で製造されています。

ですので1食分(2袋)で糖質はわずか20.9gとおにぎり半分程度に抑えられています。

また食物繊維、カルシウム、カリウムも含まれています。

>>公式サイトで詳しく見る

Gowvikes-ガウビケス-の味と成分

・チーズチキン&オニオン

栄養成分:[チーズチキン&オニオン]エネルギー:●たんぱく質1.6g●脂質4.5g●糖質6.7g●食物繊維1.7g●食塩相当量0.31g●カルシウム114mg●カリウム226mg

・帆立バター&トムヤムクン

栄養成分:[帆立バター&トムヤムクン]●エネルギー77kcal●たんぱく質1.6g●脂質4.5g●糖質6.8g●食物繊維1.7g●食塩相当量0.35g●カルシウム110mg●カリウム226mg

・蜂蜜エッグタルト

栄養成分:[蜂蜜エッグタルト]●エネルギー79kcal●たんぱく質1.5g●脂質4.6g●糖質7.0g●食物繊維1.6g●食塩相当量0.12g●カルシウム118mg●カリウム226mg

ガウビケスでなら続けられる理由

ダイエット中にスナック菓子と聞けば多くの方は不思議に思われるかもしれません。

しかし、ダイエットに対し心理学的にアプローチした“答え”Gowvikes-ガウビケス-なんです。

ダイエットにとって最も重要なのは食事の量を減らすことです。

しかし、それが簡単にできれば苦労しません。

今まで食べていた量を明日から半分にすれば、これまで得られていた満足感も半分になってしまい、ストレスが溜まります。

では、そもそも食事から得る満足感とは何なのか。それは量だけでなくその中身。

つまり“美味しさも含めた満足感”です。

食事量を減らしながらも、満足感だけは保つ。そんな食品があれば、ダイエットをつらくないものにすることができるはずです。

食事のようにこってりと美味しくて、そんなに量を食べなくても満足できるもの。

それがスナック菓子です。

スナック菓子は袋を持っていただけば分かるように重量的には軽いものです。

つまり、それほど量があるわけでもないのに、1袋食べれば満足感は大きいですよね。

とはいえ、通常のスナック菓子を毎日食べるのは身体に悪い。

毎日食べられるほど身体に優しく、美味しいスナック菓子があれば…。それがGowvikes-ガウビケス-です。

>>公式サイトはこちらから

コメントの入力は終了しました。