あなたがダイエットで痩せられない理由はコレ!正しいダイエット法の選び方

ダイエットに何度挫折したかわからない。

流行りのダイエット法にチャレンジするたびに失敗している。

そんなあなたはダイエット法の選び方が間違っているかもしれません。

※正しいダイエット法の選び方がすぐ知りたい方はContentsの5からお読み下さい。

体重が変化する理由

一般的に「消費カロリー>摂取カロリー」の場合体重は減少していきます。

逆に「消費カロリー<摂取カロリー」の場合、体重は増大していきます。

そんなの誰でも知っているよ!と思うかもしれませんが、

ダイエットというのは、この「消費カロリー>摂取カロリー」を作り出す状態になければなりません。

ではなぜ今までダイエットに失敗してきたのか?

答えは簡単ですよね。「消費カロリー<摂取カロリー」の状態だったからです。

ダイエットの基本

ダイエットの基本は運動×食事制限です。

これも当たり前の話しですが、痩せたいのであれば運動×食事制限で「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を作り出せばいいんです。

でもそれが難しいんですよね。

「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を作り出すためには、

極端な話、断食ダイエットをすれば運動をしなくても痩せていきます。

カロリーを摂取しないわけですから、「消費カロリー>摂取カロリー」の状態が作り出されます。

もしくは、毎日食べ過ぎても激しい運動をすることで摂取カロリーより消費カロリーが多ければ、

体重は減少していくはずです。

でも、そんな事なかなかできませんよね?

ダイエットサプリに頼る

それならばいっそのこと、ダイエットサプリに頼ってしまおうと考えてしまうのはよくわかります。

しかし、飲むだけで痩せるダイエットサプリはありません。

そんなものがあれば、痩せたい人はみんな痩せているはずですよね?

ダイエットサプリはダイエットをサポートするためのサプリです。

脂肪燃焼効果をUPするダイエットサプリがあったとしても、

運動をしないと脂肪は燃焼しませんし、

糖質をカットしてくれるサプリがあっても、消費カロリーよりも摂取カロリーが多ければ痩せません。

つまり、痩せたいのであればバランスのいい運動×食事制限「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を作り出すか、

極端に消費カロリーを増大させるか、摂取カロリーを減少させなくてはなりません。

ダイエットに成功しない理由

ダイエットの基本は運動×食事制限だと書きました。

ここで、ダイエットに成功しない理由を書き出してみましょう。

運動が足りない

さっきからしつこいようですが、運動が足りないために「消費カロリー>摂取カロリー」の関係が作れていません。

一日当たりの人間の消費カロリーは3つで構成されています。

1.基礎代謝(約60~70%)
2.生活活動代謝(約20~30%)
3.食事誘発性熱産生(約10%)

一日の消費カロリーの目安としては

体重(kg)×30で求められるようです。

体重50kgの人は1500kcal、60kgの人は1800kcalとなります。

目安ですので体質や運動量によって変わりますが、

これ以上のカロリーを摂取すると体重が増加していくということになります。

食事制限ができていない

消費カロリーの目安がわかったところで、摂取カロリーについて見てみましょう。

あなたがよく食べている食品や料理のカロリーはどのぐらいなのか知っていますか?

コンビニのおにぎり 約200kcal

具や大きさにもよりますが、普通サイズで一般的な具だと150~250kcal程度です。

コンビニのサンドイッチ 約300kcal

これも具に大きく左右されます。150kcal程度のものも一部ありますが、

ほとんどが200~400kcal程度ですね。

吉野家の牛丼(並)約660kcal

ちなみに大盛りで750kcal特盛で約940kcalとなっています。

番外編として、私の好きなてりやきマックバーガーセットの総カロリーを見てみましょう。

てりやきマックバーガー 約496kcal

マックポテト(M) 約424kcal

コーラ(M) 約140kcal

合計約1060kcalです。自分でもびっくりです!

ちなみにポテトL・コーラLにすると約1211kcal・・

あなたの摂取カロリーは一日どれくらいなのかだいたい想像ができましたでしょうか?

食事以外にも間食をしているようであれば、摂取カロリーは想像以上かもしれません。

痩せにくい体質

今まで運動×食事制限の事ばかり触れてきましたが、

痩せにくい体質の方がいらっしゃいます。

その主な原因として基礎代謝の低下があります。

一日の消費カロリーの約60~70%を占める基礎代謝が低下すると、その分消費カロリーも低下していきます。

基礎代謝が低下する原因としては、

年齢

年齢を重ねていくと基礎代謝が低下していくことがわかっています。

ですので、若いころと同じような食事を続けているだけで、体重が増加してしまうことになります。

筋肉量

基礎代謝のうち消費カロリーが最も多い箇所は筋肉だとされています。

見るからに筋肉ムキムキである必要はなく、普段から歩くなどの軽い運動をする程度の筋肉量がなくては痩せにくい原因となってしまいます。

冷え性

人間の体は体温が1度下がってしまうと、基礎代謝が12%も下がってしまうといわれています。

偏った食生活や、運動不足によって冷え性になる人が多いようです。

便秘

便秘が続くことで体にはさまざまな悪影響が出てしまいます。

便秘によって悪玉菌が腸内に増殖してしまい、血行不良やむくみの原因となり、

もちろんダイエットが成功しない原因の1つにもなってしまうのです。

便秘の原因としては大きく4つ考えられます。

食物繊維の不足

食物繊維は水分を吸収してスムーズに出す環境を整えてくれます。

また、善玉菌のエサにもなり悪玉菌の増殖・定着を防いでくれる手助けとなります。

腸管運動が弱い

年齢によるものや、運動不足によって大腸の筋力が低下している状態です。

便意を感じてトイレに行くけどすっきり出た感じがしないタイプです。

直腸部分の働きが鈍い

生活習慣がもとで排泄に必要な運動が弱くなっている。

恥ずかしいから、時間がないからと言って出すのを我慢しているとなりやすくなります。

ストレス

ストレスが原因で腸の働きに異常が起きている状態です。

便秘と下痢を繰り返すことがある方は、ストレスが原因かもしれません。

ダイエットに成功しない理由として、大きく4つの原因をあげました。

あなたがダイエットに成功しない理由が見つかりましたか?

それではあなたに合った正しいダイエット法を見つけていきましょう。

あなたに合った正しいダイエット法

なぜダイエットが成功しないのかが理解できれば、

あとは正しいダイエット法を選ぶだけで成功の確率はグンと高くなります。

原因が複数ある方は、複数の原因を改善できるダイエット法を選んでくださいね。

運動で消費カロリーを増やす

一番シンプルで一番難しいのがダイエット中の運動です。

あなたが自分に合った運動を継続して出来るのであれば、それを継続して行いましょう。

活動量計を活用して1日の総消費カロリーを計測しながら取り組んでいきましょう。

しかし、ダイエットで挫折しがちなのは運動の継続です。

何をすればいいのかわからない。

自分に合った運動が見つからない。

運動しているのだけど痩せない。

それならいっそプロにお任せした方が間違いありません。

運動について悩むことはなく、言われた通りのメニューをこなすだけでいいですし、

効果についても自分で考えるより格段に出やすくなります。

また、せっかくお金を出してプロにお願いしているのだからと、

モチベーションも変わってきます。

人は費用に対して成果を求める生き物です。

本気でダイエットに取り組みたいのであればプロにお任せする事をおすすめします。

関連記事:月額960円でダイエットコーチをプロにお任せ!プロと一緒に取り組むダイエット

食事制限で摂取カロリーを減らす

食事制限と聞くと我慢というイメージがありますが、

食事制限にも色々なやり方があります。

置き換えダイエット

一日1~2食の通常の食事をスムージーやグラノーラなどに置き換えます。

こうすることで、普段の食事よりも摂取カロリーが抑えられるわけです。

また最近の置き換えダイエットをサポートする食品には、美容成分や健康成分が多く含まれているものが増えていて、

便秘や冷え性の改善、キレイになりながら痩せられるなどの期待ができるものも多くなっています。

また、満腹感が得られるような工夫もされていて取り組みやすくなっています。

関連記事:置き換えダイエットならすっきりレッドスムージー!満腹感が他と違うわけ

食欲をコントロールする

人間には食欲をコントロールするホルモンが存在しています。

その1つにレプチンというホルモンがあり、近年痩せホルモンとして話題になっています。

そのレプチンを増やす、または活性化させることで食べ過ぎを抑制し、

食欲をコントロールしやすくなります。

食欲をコントロールし食べ過ぎを抑制することで、

食べたいものを食べながらしっかりと摂取カロリーを抑えることが出来るようになります。

関連記事:痩せホルモンレプチンとは?ダイエットに本当に必要なのはコレ!

おやつを活用する

ダイエット中のおやつは常識になりつつあります。

どうしても我慢できない時には、カロリーが低いおやつを食べて空腹感を満たす。

というような誰もが思いつくような方法ではなく、スナック菓子で満腹感を得るように食べます。

スナック菓子を食べた時の満腹感を想像してみて下さい。

そのすぐ後に食事を食べても、いつもの量の半分も食べられませんよね?

しかし、ほとんどのスナック菓子はじゃがいも、小麦粉、砂糖といった高GI値食材が主原料として使用されているため、

ダイエット中のおやつには向きません。

ダイエット中にスナック菓子を活用するのであれば、

ダイエット専用に開発されたスナック菓子を利用してくださいね。

痩せにくい体質を改善する

せっかくダイエットに取り組んでも痩せにくい体質であれば、高い効果は望めません。

ダイエット+体質改善に取り組んで成功を目指しましょう。

年齢に合ったダイエット

年齢を重ねるごとに痩せにくい体へと変化していきます。

更にいえば20代・30代より40代・50代は更に痩せにくい体質になっています。

20代の頃と同じような食事・運動をしていても40代・50代では体系をキープするどころか、

体重が増加していってしまうのです。

自分の年齢に合ったダイエット法に取り組むようにしましょう。

関連記事:40代からは今までと違ったダイエット!アラフォー&アラフィフが痩せにくい原因

筋肉量を増やして基礎代謝を上げる

筋肉量を増加させることで、基礎代謝を上げ消費カロリーを増やしやすい体に改善していきます。

しかし、ダイエット中に筋肉量を増やすというのは難しい事でもあります。

体重を減らすということは「消費カロリー>摂取カロリー」の関係を作る事ですが、

問題になのは「消費カロリー>摂取カロリー」の関係の場合のエネルギー源です。

「消費カロリー>摂取カロリー」の関係ですと、もちろん体脂肪が消費され体重が減少していきます。

しかし脂肪ばかりではなく、筋肉の元となるアミノ酸も分解してエネルギー源として使われてしまうのです。

それでは意味がないのでアミノ酸などを補ってあげる必要があります。

そうする事でダイエット+筋肉量の増加という好循環を産み出すことができます。

関連記事:AYA先生監修のBBB(トリプルビー)で楽々ボディメイク!ダイエット×筋肉量

冷え性の改善

人間の体は体温が1度下がってしまうと、基礎代謝が12%も下がってしまうといわれています。

冷え性を改善して下がってしまった基礎代謝を改善しましょう。

冷え性の改善には適度な運動や生活習慣、食生活の改善が必要です。

その中でも特に食べ物に気をつけましょう。

冷たい飲み物や、体を冷やす食べ物を良く食べる方は注意が必要です。

食べ物には体を冷やす食べ物と、温める食べ物があります。

・体を冷やす食べ物

キュウリ・キャベツ・トマト・レタス・ナスなど

・体を温める食べ物

ショウガ・ニンジン・ニンニク・ゴボウ・レンコンなど

冷え性の改善には体の中から温める習慣を身につけましょう。

関連記事:ダイエットの大敵は冷え!体の冷えを内側から改善する方法

便秘を改善する

便秘はもちろんダイエットには悪影響ですが、美容にも大敵ですよね。

それよりなによりお腹が張ってしまって辛い。

そんな便秘を解消してダイエット成功+美容健康を手に入れましょう。

食物繊維で便秘解消

食物繊維をしっかり取ることにより、てスムーズに出す環境を整えます。

ではどうやって食物繊維をとればいいのか?

誰もが思いつくのは野菜や果物などから摂取することです。

かぼちゃ・ごぼう・りんご・バナナなどが多く含まれています。

しかし、毎日食物繊維をしっかり摂るというのは、なかなか大変です。

そこで最近ではトウモロコシのでんぷんから作られる、難消化性デキストリンというものが話題になっています。

不足しがちな食物繊維を補う目的で作られたもので、安全性も認められています。

また、消費者庁長官が許可する特定保健用食品(トクホ)の関与成分にもなっています。

腸内環境改善で便秘解消

便秘によって悪玉菌が腸内に増殖してしまうと、

悪玉菌が作り出す有害物質によって、様々な生活習慣病に関係すると言われています。

そこで善玉菌を増やすことで悪玉菌の増殖・定着を抑え、スッキリと体の巡りをサポートしてくれます。

最近は菌活とよばれ善玉菌を増やして、腸内環境を整えることの大切さが話題になることが増えてきました。

菌活の食品としてはきのこやヨーグルト、納豆などの発酵食品などです。

また、効果を高めるためにはオリゴ糖をプラスするとビフィズス菌などのエサになり、

腸内で良い発酵を促してくれます。

まとめ

あなたに合った正しいダイエット法は見つかりましたでしょうか?

どんなダイエットをするにしても運動×食事制限が基本です。

「消費カロリー>摂取カロリー」の関係が作れるように、

無理のない範囲で調整して、ダイエットを続けていくことが大切です。

無理をするダイエットは一時は成功しても必ず反動が来ます。

リバウンド、体調不良、精神状態の乱れなど、

せっかく痩せるのであれば、健康的にキレイに痩せてしまいましょう!

あなたはもうダイエットに挫折することはないはずです!

自身を持ってダイエットライフに取り組んでくださいね!